食べる 見る・遊ぶ 買う

習志野・花の実園で「さくらまつり」 桜の花の下屋台やステージイベントも

千葉工業大学よさこいソーラン風神部

千葉工業大学よさこいソーラン風神部

  • 20

  •  

 習志野の障がい者福祉施設「花の実園」(習志野市秋津3)で4月6日・7日、「さくらまつり2024」が開催された。

園内の桜の花と屋台

[広告]

 同施設は就労継続支援B型並びに生活介護の多機能型施設で、「さくらまつり」は地域とのつながりや支援により開かれる祭りの一つ。

 会場にはチョコバナナ、ショウロンポー、ソフトクリーム、フライドポテト、ビールなどの屋台が並んだ。出店していた「ならしのクラフトビール むぎのいえ」店主の今井貴大さんは「桜が咲く、まさにこの時期に、桜の花と一緒に当店のビールを楽しんでもらえる機会を設けてもらい、皆さんに感謝。当店の常連も顔を出してくれ、お代わりした方もたくさんのいて、私も祭りを楽しめた」と話す。

 6日は天候の影響で、特設ステージの一部の出し物が中止になったものの、津田沼高校合唱部、オービックシーガルズのシーチア、秋津奏太鼓などがパフォーマンスを披露。晴天に恵まれた7日は習志野高校吹奏楽部の演奏、大正琴などが披露された。

 ステージのトリを務めたのは千葉工業大学よさこいソーラン風神部。ソーラン節で知られる「南中ソーラン」、笑顔のかけ声が印象的な「よっしゃこい」、同部の先輩から受け継いだオリジナル演目「輝燦(かがりび)」など5曲を披露した。手拍子や歓声が起こり、一緒に踊り始める人がいるほど会場が盛り上がった。幕間で部員が森山直太朗さんの「さくら」をアカペラで披露すると、大きな拍手が起きる場面もあった。

 同部代表で3年の飯倉菜那さんは「1カ月前に新習志野ふれあい祭りに参加した時に声をかけてもらった。私たちのパフォーマンスで楽しんでいる皆さんを見て、こちらもパワーをもらえた。休みの期間にしっかりと練習できたのでパワーアップした姿を見せることができたと思う」と振り返る。

 イベントの運営を担当した同園の細川亮介さんは「天気が一時期はどうなることかと思ったが、晴れて気温も上がり良かった。昨年はコロナ禍前に比べて8割の規模で行ったので、今回は以前と同規模で開催できてうれしい。花の実園の理念として共生社会の実現を掲げているが、その理念が一歩一歩実現しているのを実感できる祭り」と話す。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース