見る・遊ぶ 学ぶ・知る

オービックシーガルズがパールボウルトーナメントで優勝 5連覇達成

優勝が決まった瞬間。立ち上がり歓喜の声を響かせる観客

優勝が決まった瞬間。立ち上がり歓喜の声を響かせる観客

  • 5

  •  

 6月16日に富士通スタジアム川崎(神奈川県川崎市)で行われた社会人アメリカンフットボールXリーグ「パールボウルトーナメント」の決勝戦で、習志野を本拠地とするオービックシーガルズが富士通フロンティアーズに勝利し、5連覇を達成した。

決勝戦で10年ぶりに対戦した富士通フロンティア-ズ

[広告]

 同トーナメントの決勝でオービックシーガルズと富士通フロンティア-ズが対戦するのは、2014(平成26)年以来10年ぶり。前半は得点が入らず苦戦するも、第4クオーターで同点に追いつきタイブレーク(延長戦)に突入。2回目の攻防を制し28-26で勝利を決めた。MVPには渡邊ジャマール選手が選ばれた。

 長年オービックシーガルズをサポート・応援してきた習志野応援団長の織戸克久さんは「この10年での選手たちの成長ぶりはすごい。テクニックが著しく上がっている」と話す。「選手をはじめコーチやスタッフ、チアリーダー、応援してくれた『ガルズファミリー』皆の心が一つになった試合だった。『一人一人の本気でシーガルズを創り、シーガルズの本気がみんなを変える』というチームのDNAを感じる、ワクワクするフットボールだった」とも。

 秋のリーグ戦は8月31日、第一カッターフィールド(習志野市秋津3)でスタートし、習志野で3試合開催する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース