見る・遊ぶ

習志野市の茜浜で「ならしのスマイルラン」 地元アメフトチームも参加

リレーマラソンを走る参加者

リレーマラソンを走る参加者

  • 14

  •  

 「第7回 ならしのスマイルラン 2023」が3月5日、習志野の茜浜運動公園(習志野市茜浜1)で開催された。主催は一般社団法人「オービックシーガルズ習志野スポーツクラブ」。

[広告]

 午前は「親子マラソンの部」として親子がリレー形式で走り、午後は「一般の部」としてソロ20キロ走や20キロのリレーマラソンが行われ、参加者は汗を流した。優勝は、ソロ20キロの部=登録名「Himaraya」さん、20キロのリレーマラソンの部=チーム名「稲毛インターY」。

 習志野市内に本拠地を置くアメリカンフットボールチーム「オービックシーガルズ」選手やコーチがランナーとして参加し、チーム専属のチアリーダーの応援、地元の飲食店の屋台出店などもあった。

 オービックシーガルズのヘッドコーチ、大野洋(ひろし)さんは「オービックシーガルズから選手だけでなく、コーチやスタッフもリレーマラソンを走り、チアリーダーがコース沿いで一緒に応援することで、いろいろな人と触れ合うことができ、盛り上がった」と話す。

 出店していたブラウンサウンドコーヒー(津田沼2)店主の息才鳩美さんは「以前の大会より、参加者も増えて大きな盛り上がりを感じた。主催から『いつか東京マラソンに負けないイベントにすることが目標で、だからこそ開催日は東京マラソンと同じ日にした』と聞いていたが、実現しそうなほどの熱気を感じた」と話す。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース