見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

藤崎森林公園のアジサイが開花 旧大沢家住宅の新しい屋根も

藤崎森林公園にある重要文化財・旧大沢家住宅

藤崎森林公園にある重要文化財・旧大沢家住宅

  • 11

  •  

 藤崎森林公園(習志野市藤崎1)のアジサイとハナショウブが開花し、利用者でにぎわいを見せている。

藤崎森林公園のアジサイが開花 旧大沢家住宅の新しい屋根も

[広告]

 JR津田沼駅から徒歩23分ほどの場所にある同園。土曜・日曜・祝日は平均50~100人ほどの人が訪れるといい、ホトトギスやカワセミが見られることもある。アジサイは習志野市の市花でもあり、市内では津田沼公園や津田沼一丁目公園、香澄公園、実籾本郷公園などの各所公園でも見ることができる。園を訪れた女性の花見客は「今年は例年に比べアジサイの花が少ないが、いい天気に恵まれ暖かく、園内はゆったりとした時間が流れている」と話していた。

 園内には東日本最古級の古民家である「旧大沢家住宅」もあり、昨年12月から3月まで、北東部と北西部の屋根の茅(かや)と竹を新しくする工事が行われた。

 1664年に建築された同住宅。江戸時代に千葉県長生郡長生村の名主を務めた大沢家の住居として、1973(昭和48)年まで使われていた。1976(昭和51)年に建築当初の姿に移築復元され、同年11月に開館。現在は、午前中に風が穏やかな日はかまどに火入れして、かやぶき屋根を防腐・防虫のために燻(いぶ)している。入場無料。

 工事について、担当者は「かやぶき屋根を新しくすることができる職人がなかなかおらず、新潟県から工事に来てもらっていた。工事は、茅を運ぶだけでも10往復するなど、職人4~5人で3カ月半もの期間をかけて行った」と話す。

 住宅の開館時間は9時30分~16時30分。月曜・第2金曜休館。

 アジサイとハナショウブの見頃は6月下旬まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース