学ぶ・知る

千葉工業大、学位証明書をNFTで発行 国内大学で初

千葉工業大学外観

千葉工業大学外観

  • 3

  •  

 千葉工業大学(習志野市津田沼2)が PitPa(東京都渋谷区)と共同し、令和4年度卒業・修了生に授与する学位証明書をNFTで発行した。大学が学位証明書を NFT 化した事例としては国内初。

[広告]

 3月 22日に幕張メッセで行った学位記授与式当日は紙の証書を授与した。NFT 学位証明書は希望者約 1100 人に、3月20日から順次送る。

 学位証明書をNFTで発行する利点として、学生のプライバシーを保護した形で同大卒業生であることを証明可能なこと、大学機関に依存しない形で学内実績が証明しやすくなり、多方面の活動がしやすくなること、就職時におけるレファレンスチェック時のコスト削減を挙げる。

 米マサチューセッツ工科大学メディアラボの所長経験があり、現デジタルガレージ(東京都渋谷区)の取締役で、同大変革センター所長でもある伊藤穰一さんは、学位証明書をNFTで発行したことについて、「千葉工業大学はこれまで、学生サービスの向上と学内業務に関する最新技術の導入を推進してきた。本学とPitPaはこれまで 『web3.0』(次世代の分散型インターネットワーク)技術を使った学修歴証明書をNFTで発行するなど、組織と人をブロックチェーン上でつなぐ技術を共同で開発してきた。今後も、共同で各種プロジェクトの開発に連携して取り組み、他大学や企業に展開を進めることで社会全体のDX推進に貢献していく」とコメントする。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース